loading

If you see this message, it means that your browser failed to load this file.

You should try the following : check your connection, disable ad-blocker, clear your browser cache, try in private mode, try from another browser/computer/connection.

基本情報 インカの黄金(Incan Gold)

ゲームデザイナー:
Bruno Faidutti, Alan R. Moon
イラストレーター:
Matthias Catrein, Paul Mafayon
メーカー:
publisher  
年:
2006
開発者
Antonio Soler (Morgalad)
プレイされた回数
107 843
プレイヤーの数:
3 - 8
ゲームの長さ:
7 mn
難易度:
1
戦略:
2
運:
4
やり取り:
0
リリース
170727-1440

Board Game Arenaはこのゲームを設置できるようにしてくれた Eagle-Gryphon Gamesに感謝しています。

ゲームの進行を見る


こんなこともできます: 進行中のゲームを見る (39ゲーム進行中)

ルールの概要

このページはBGA wikiから来ており、BGAプレイヤーのコミュニティによって書かれました。気軽に編集してください!

探検を続けるかキャンプに戻るかを選択するだけのお手軽チキンレースゲーム。

毎ターンカード1枚がめくられます。カードにはお宝カード・遺物カード・トラップカードの3種類があります。
プレイヤーは『探検を続ける』か『キャンプに帰還する』かを選択し一斉に公開します。
お宝カードはそれぞれ宝石の数(1、2、3、3、4、5、5、7、7、9、11、11、13、14、15、17)が示されていて、それをまだ帰還してないプレイヤーに均等に分配し余った分はストックしておきます(例:帰還してないプレイヤー4人で15のお宝カードが出た場合、各プレイヤーに3個ずつ分配&端数3個ストック)。端数のプール分は、探検中のプレイヤーの数を上回っても再配分されません。
もし帰還を選んだプレイヤーがいた場合、まず分配された宝石を獲得し、更にストックされていたプール分の宝石も獲得します。帰還者が複数いた場合、均等に分配し余った分はまたストックします。帰還したプレイヤーはそのラウンドもう何もアクションしません。
遺物カードは、帰還者が1名のみだった場合それも獲得します。1枚5点となります。4枚以上持っていたら4・5枚目の遺物カードは10点になります。
トラップカードは5種類が3枚ずつあり、同じトラップカードが2枚出た時点でいわゆるバーストでそのラウンドが終了し帰還してないプレイヤーのお宝の分配は行われません。全プレイヤーが帰還した場合もラウンド終了です。
全5ラウンドです。最も多くの宝石を獲得したプレイヤーの勝利です。

39ゲーム進行中

進行中のゲームを見る (39ゲーム進行中)

最新のゲームリザルト

[ゲームを探す]



アプリケーションの読み込み中... ...
ありがとうございます : あなたは私たちの最も誠実なプレイヤーの一人です!
たった€2 / 月でボードゲームアリーナを最大限に活用できます!.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12