loading

If you see this message, it means that your browser failed to load this file.

You should try the following : check your connection, disable ad-blocker, clear your browser cache, try in private mode, try from another browser/computer/connection.

基本情報 ピロス(Pylos)

ゲームデザイナー:
David G. Royffe
メーカー:
publisher  
年:
1994
開発者
Stanislav Stepanenko (stst)
プレイされた回数
24 655
プレイヤーの数:
2
ゲームの長さ:
7 mn
難易度:
2
戦略:
4
運:
0
やり取り:
0
リリース
180110-1241

Board Game Arenaはこのゲームを設置できるようにしてくれたGigamicに感謝しています。

ゲームの進行を見る


こんなこともできます: 進行中のゲームを見る (11ゲーム進行中)

ルールの概要

このページはBGA wikiから来ており、BGAプレイヤーのコミュニティによって書かれました。気軽に編集してください!

・ゲームの流れ

 交互に1つずつボールを設置していきます。ボールが4つ四角く並んでいたら、その上にもボールを置くことができます。

 パスをすることはできません。ピラミッド状に積み重ねていき、最後の1つを置いたプレイヤーの勝利となります。


・自分の手番ですること

 自分の手番が来たらボールを置かなければなりません。但し、前述の四角が出来ているとき、その四角と同じかそれより下の階層において、上にボールを乗っけていない自分のボールがあれば、それを四角の上に移動させることでボールを置くことの代わりとすることができます。

・勝敗の決し方

 前述のように、最後の1つを置いたプレイヤーの勝利となります。前項で述べた方法や、後述のスクエア作成によって相手により多くのボールを置かせ、相手のボールが尽きるように仕向けることで勝利することが基本となります(ボールが尽き、前項の移動もできなくなった場合、以降頂点まで手持ちのボールの残っているプレイヤーが全て出し勝利します)。


・スクエア

 自分のボールのみで4つのボールから成る四角を作ると、1つのボールを手持ちに戻す義務と、1つのボールを手持ちに戻す権利を得ます。なお、上にボールの乗っているボールは戻せません。

 また、ルール選択によって、スクエアルールの無い子供用のルールと、先手後手の有利不利を是正するために直線状に4つ(最下層の場合。下から2番目の段では3つ。それより上では無効)の自分の玉を並べることでスクエアと同じ義務権利を得るルールがあります。ある程度慣れてきたらこの直線ルールでやってみるのも良いかもしれません。

11ゲーム進行中

進行中のゲームを見る (11ゲーム進行中)

最新のゲームリザルト

[ゲームを探す]



アプリケーションの読み込み中... ...
ありがとうございます : あなたは私たちの最も誠実なプレイヤーの一人です!
たった€2 / 月でボードゲームアリーナを最大限に活用できます!.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12